空の上でまた会おう

ペット葬儀・ペット火葬・ペット霊園 「空の上でまた会おう、君のことはずっと忘れない。」かわいがってたペットの最後の別れをお手伝い。


ぼくはいつでも君の事を思っているよ

近年のペットブーム

ペットブームの影響をうけ、ペットの種類も犬や猫などの代表的なものから、最近では蛇やトカゲばどの爬虫類など、マニア向けのペットまでさまざまな種類の動物が飼われるようになりました。

犬や猫などの動物は、単なるペットではなく、コンパニオン・アニマル(伴侶動物)と呼ばれます。このような時代からこそ、生前に可愛がっていたペットを弔ってあげたいという飼い主が出てくるのは当然なことかもしれません。

一昔前までは、ペットが亡くなったら、庭に埋めるか、役所や自治体に連絡して引き取ってもらうことが普通でしたが、住宅事情により、庭がない家庭では、ペットの遺骨を自分の庭に埋めることは難しいことですよね。核家族化が進み、マンションやアパート暮らしが増えたのも影響しているでしょう。

また、自治体になると、ペットの亡骸は「ゴミ」と同様に処分されるので、心苦しい飼い主も多かったのも事実でしょう。

このようなことから、ペットをきちんとした形で弔い、お別れをしたいという飼い主が増えてきたのが最近になって、ペット葬儀を行う最大の理由になるのではないでしょうか。千葉や埼玉などでも葬儀を行っていますので、ペット葬儀も十分認知されてきています。

また、近年ペットを家の中で飼うようになり、擬人化していることも理由の一つかと思います。コンパニオン・アニマルとして接するのは喜ばしいことですが、あまりにも人間と同じように扱うのも困りものじゃないかと私は思いますが、、、。

 

大切なペットとの別れ

今まで家族の一員として一緒に過ごしてきたペットとのお別れ。飼い主様の悲しみはとても大きなものでしょう。中には悲しみのあまりペットロス症候群と呼ばれる症状に苦しまれる方もいらっしゃようです。私自身も初めて愛犬を亡くした時には家事も手につかないほど悲しみに暮れ、一年以上その子の死を引きっていました。

今考えると、それはペットロス症候群だったのかもしれません。

大切なペットともいつか別れの日が来ると覚悟はしているものの、実際にその日が来てしまうとなると、耐え難いほどの悲しみに襲われるものです。事故や病気など突然の死であれば、その事実を受け入れ難いのは当然でしょう。

周りの人達からは「ペットが死んだぐらいで・・・」という反応をされたりして、傷つく事もあるかもかもしれませんが、ペットの心の中の位置づけというのは飼い主様によって様々なのです。

 

ペットの存在地位

家族の一員、親友、心の支え、人生の伴侶とも言える存在になりうるペット達。人間と動物という種の違いを超え、飼い主様にとってはかけがえのない存在になってきていますね。

私が初めて愛犬を亡くした時には「ペット葬儀」という概念を知りませんでしたし、まだなかったのではないかと思います。飼い主の中には、きちんと供養してあげることができなかったということがいつまでも心残りで、しばらくは悲しみから立ち直ることができない、という人もいるようです。

大切なペットに「今までありがとう」という感謝の気持ちを伝えることが、飼い主様の心の傷を癒していくきっかけとなるのだと私は思います。

recommend

神奈川 貸倉庫

東京 タクシー 求人

ブルガリ 買取

最終更新日:2019/1/24

  
 UP

トップページ
・近年のペットブーム
・ペットとのお別れ

・ペットの存在地位

ペットが亡くなったら
・自宅での土葬する
・自治体に依頼する
・専門業者に依頼する

ペット霊園とは?
 ・ペット霊園サービス内容
 ・ペット霊園の種類

ペット霊園とは?2
 ・ペット霊園の現状
 ・ペット葬儀を行う理由

墓地・納骨堂について
・共同墓地
・個別墓地
・納骨堂


>>お問い合わせ